長時間座っていると死のリスクが増える。

ちょっと前に話題になった記事です。

「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」など、座りっぱなしのデスクワークがもたらす弊害と解決法

https://gigazine.net/news/20110519_sitting_is_killing_you/

リンク先がsitting is killing you って

ダイレクトすぎますね

立っている状態の腰への負担を100とすると、椅子に座っている状態の負担は140だそうです。

とは言え、学生や事務系の会社員などは余裕で1日6時間くらい座っていますよね。

どうしろっちゅーねん、って話です

しかし解決法もちゃんと提示されています。

要はこまめにブレイクをとりましょうと言うこと。

サイトによるとその際に、

・前傾姿勢での腰を伸ばすストレッチ。

・その場足踏み。

・jumping jacksジャンプして足を開き手を頭の上で合わせ、次にジャンプして足を閉じ手を体の脇に戻す体操。(ラジオ体操にこんな動きあったような)

などを行う。

余談ですが足踏みの効果って凄い

ちょっとの不調はその場足踏み数分するだけで改善するのです

更にここからはキネシオロジーの動作なのですが、ついでにクロス・クロールもやると脳もすっきりして良いかと思います。

1.左膝をあげて右手でタッチ、右膝をあげて左手でタッチ、を交互に。左右で7回位。

2.右手を肩まで挙げると同時に右足を上げる、逆も同様に、を交互に。左右で7回位。
(紐で吊るされたあやつり人形の様なイメージで)

3.1の動作を繰り返す。

左右の脳と体全体が統合され、脳が活性化する作用があります。

前の会社に居る時、この動きにはまって休憩中によくやってたら周りに伝染したことがありました

環境によってこまめに休憩をとるのは難しい方も居るでしょうが、死のリスクを減らすためにも気をつけたいですね

関連記事

  1. 自宅筋トレの注意点♪

  2. 夏の冷えは危険!

  3. 最強の健康法はこれ!

  4. 簡単に免疫力up:爪もみ

  5. お家で筋トレしよう♪

最近の記事

エキテン